ビジュアルに価値ある提案を

シビアな目を持つ
プロにインタビュー

作品や資料としての大切なフィルムをデータ化する「スキャニング」のご依頼や、画像の細かな色彩や質感を再現する「レタッチ」のご依頼などビジュアルに関するあらゆるニーズにおいて、取引企業2000社以上の一流企業のご担当者様からアートディレクター、フォトグラファーなど厳しい目を持つプロから厚い信頼をいただいております。

お客様を支える
堀内カラーのプロフェッショナル

  • アーキビスト
    アーキビスト 肥田 1998年、日本初となるデジタルライブラリーの大きな調達に関わって以来、アーカイブ事業で研鑽を積み、数々の企業や大学で資料のデジタル化をサポート。堀内カラーアーカイブサポートセンター所長、企業史料協議会(BAA)のセミナー講師も務める。
  • プリンティングディレクター
    プリンティングディレクター 石橋 写真作家の意図を汲み取り、その思いを表現する上で最適な紙を選び、色彩を調整する。長年培った知識と経験で作品制作でのあらゆるニーズに応える堀内カラーのプリンティングディレクター。社内外から絶大な信頼を受け、名だたるアーティスト作品も数多く手掛ける。
ご質問・ご相談だけでもご遠慮なくお問い合わせください

ご質問・ご相談だけでも ご遠慮なくお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

フィルム印刷からデジタルデータの入出力、レタッチやCG加工、店舗ツールのデザイン制作まで、お客様一人ひとりのご要望に応じて、最適なビジュアルプランをご提案いたします。

このページの先頭へ