ビジュアルに価値ある提案を

デジタルアーカイブ

貴重な資料をデジタル化、
原本は大切に保管してデータを積極活用

歴史的に貴重な資料原本は経年劣化が進んでいるものが多く、積極的な利用を促進すると資料に深刻なダメージを与えてしまうことにもなりかねません。かと言って、大切に保管しておくだけでは資料の情報を全く活用することができなくなってしまいます。
こうした問題を解決するのがデジタルアーカイブです。堀内カラーでは、歴史的書物やスライドなどそれぞれの形状・状態に応じて、高性能スキャナで高精細にデジタル化いたします。

ワークフロー
アーカイブワークフロー
貴重資料のデジタル化07
貴重資料のデジタル化08
貴重資料のデジタル化09

デジタルアーカイブ事例紹介

デジタルアーカイブの事例

学術アーカイブ

デジタル化
デジタル化

学術アーカイブ

ガラスビュー
ガラスビュー
ご質問、ご相談だけという方も、ご遠慮なくどうぞ

ご質問、ご相談だけという方も、ご遠慮なくどうぞ

お気軽にお問い合わせください

フィルム印刷からデジタルデータの入出力、レタッチ(画像処理)・店頭ツール・Webなどのクリエイティブワークetc。私たち堀内カラーは、業界トップクラスの設備と確かな技術、豊かな知識と経験をもとに、お客様一人ひとりのご要望に応じて、最適なビジュアルプランをご提案いたします。

このページの先頭へ