ビジュアルに価値ある提案を

デジタルアーカイブ

貴重な資料をデジタル化、
原本は大切に保管してデータを積極活用

歴史的に貴重な資料原本は経年劣化が進んでいるものが多く、積極的な利用を促進すると資料に深刻なダメージを与えてしまうことにもなりかねません。かと言って、大切に保管しておくだけでは資料の情報を全く活用することができなくなってしまいます。
こうした問題を解決するのがデジタルアーカイブです。堀内カラーでは、歴史的書物やスライドなどそれぞれの形状・状態に応じて、高性能スキャナで高精細にデジタル化いたします。

ワークフロー
アーカイブワークフロー

スライドスキャン・バリューサービス

スライドスキャン・バリューサービスは、大量に保管されているスライドを安価にデジタル化して利活用を促進する、これまでにない画期的なサービスです。

シンプルスキャンセレクトパック

シンプルスキャンセレクトパックは、大量に保管されているフィルムを効率的、かつ安価にデジタル化して利活用を促進する、これまでにない画期的なサービスです。

スマート画像データベース

スマート画像データベースは、驚くべき低価格で、大量の画像データと書誌情報を一元的に管理し、情報の利活用を促進する、FileMakerランタイム版の画像データベースです。

貴重資料のデジタル化

貴重資料のデジタル化においては、原資料の情報を正確に記録することが重要です。
資料を正確にデジタル化することで、信憑性や客観性の高い画像が得られます。
和古書や洋古書の貴重書、長尺の巻子、大型の絵図のデジタル化等、資料の特性に応じた設計と高度なカラーマネージメント技術により、各種ハイエンドデジタルカメラから非接触大型上面スキャナー等、目的に合わせたデジタルソリューションをご提供いたします。

高精細デジタル撮影(和古書)

業務用の各種高精細デジタルカメラを使用して、和古書や巻子本等のデジタル撮影を行います。
国宝や重要文化財など貴重書のデジタル撮影の豊富な実績と経験により、高精細なデジタルアーカイブデータを作製します。
門外不出の貴重な資料の撮影には、現地での出張撮影も承っております。各種撮影事例につきましては、「デジタルアーカイブ事例紹介」をご覧ください。

貴重資料のデジタル化01
貴重資料のデジタル化02
貴重資料のデジタル化03

洋古書の撮影

洋古書には、経年変化による資料の著しい劣化や、タイトなバインディングにより極端に開きが悪い等、撮影のための取り扱いが極めて困難な資料が多くあります。
アーカイブサポートセンターでは、このような洋古書を安全かつ高精細に撮影するため、慶應義塾大学HUMIプロジェクトがグーテンベルク聖書等の貴重書撮影のために開発したブッククレイドル(洋古書専用書架台)の技術移転を受け、国内の様々な機関が所蔵する洋古書のデジタル化を行っています。
ブッククレイドルの撮影事例につきましては、「デジタルアーカイブ事例紹介」をご覧ください。

事例紹介

貴重資料のデジタル化04
貴重資料のデジタル化05
貴重資料のデジタル化06

大型資料のデジタル化

大型の国絵図や古地図、掛図、屏風等大型の絵画資料を、高精細にデジタル化いたします。
大型絵図資料のデジタル化は、デジタルカメラによる分割撮影と、非接触大型上面スキャナーの2通りの方法で行います。
非接触大型上面スキャナーは、資料に接することなく安全に高精細な画像を取得することができます。
豊富な経験を積み上げたノウハウにより、高精度デジタルアーカイブデータを作製いたします。

事例紹介

貴重資料のデジタル化07
貴重資料のデジタル化08
貴重資料のデジタル化09

フィルム資料のデジタル化

12,000dpiまでの超高精細なスキャニングが可能なドラムスキャナから、フィルムスキャナ、マイクロフィルム専用スキャナ等、豊富なラインナップで資料に応じた最適なスキャニングサービスをご提供いたします。
特に、マイクロフィルム専用スキャナは、高品質なデータを超高速で作製することが可能ですので、大量のマイクロフィルムのデジタル化には最適です。

フィルム資料のデジタル化01

ドラムスキャナ/SCREEN SG-8060P Mark Ⅱ

フィルム資料のデジタル化02

【入力原稿】

カラーポジフィルム、カラーネガフィルム、白黒フィルム

【入力解像度】

最大入力解像度:12,000dpi

フラットベッドスキャナ/KODAK Ever Smart Supreme

フィルム資料のデジタル化03

【入力原稿】

カラーポジフィルム、カラーネガフィルム、白黒フィルム

【入力解像度】

光学最高解像度:5,600dpi

フィルムスキャナ/Flex Tight X5

フィルム資料のデジタル化04

【入力原稿】

カラーポジフィルム、カラーネガフィルム、白黒フィルム

【入力解像度】

最大入力解像度:6,300dpi

フィルムスキャナ/コダックプロフェッショナルHRユニバーサルスキャナー

フィルム資料のデジタル化05

【入力原稿】

カラーポジフィルム、カラーネガフィルム、白黒フィルム

【入力解像度】

最大入力解像度:4,000dpi

高速フィルムスキャナ/HS1800

フィルム資料のデジタル化06

【入力原稿】

35mmから120mmまで、35mmマウントも可能(ガラスマウントは不可)長巻も可能

【入力解像度】

最大入力解像度:135mm原版より/High:87.1MB

マイクロフィルムスキャナ/Eclipse600

フィルム資料のデジタル化07

【入力原稿】

16mm / 35mm

【入力解像度】

最大入力解像度:24X/600dpi

特種な資料のデジタル化

ガラス乾板、蒟蒻版、音声テープ、動画フィルムなどは取り扱いや、デジタル化に高い専門性を必要とします。
当社では、専門的な資料の調査を行い、保護修復処置→媒体変換→デジタル化まで豊富な実績と技術で資料の特性に応じたデジタルアーカイブをサポートいたします。
貴重な資料が劣化して活用できなくなり、お困りのお客様に、迅速かつ的確な解決策をご提示いたします。

ガラス乾板・湿板

ガラス乾板や湿板は、写真黎明期の媒体として貴重な情報を記録している資料ですが、割れやすいという特性や、長期保存の観点からみた媒体の脆弱さから、早急な手当てが必要となっています。当社は、国内ではいち早くガラス乾板のデジタル化に取り組み、2000年には社団法人日本写真学会で、東京大学史料編纂所様と共に「ガラス乾板写真の保存と復元」についての研究発表を行い、国内では最も多くのガラス乾板のデジタル化を行ってまいりました。豊富な経験と実績により、原板に忠実なデジタルデータの作製や保存包材への収納について、最適なご提案をさせていただきます。

特種な資料のデジタル化01

動画フィルム・動画テープ

35mm、16mm等の映像フィルム、1インチ、ハーフ、U-マチック等の業務用テープやVHSビデオテープ等の動画資料も、再生環境が少なくなってきたり、物理的・化学的劣化が進行したりしており、早急な手当てが必要となっています。単にデジタルデータ化してDVD等への媒体変換を行うだけではなく、クリーニング処理や熱処理によるカビの除去等フィルムやテープに最適な補修処置を施すことにより、眠っていた貴重な映像をデジタルアーカイブにより蘇らせ、最適なデータを作製いたします。

特種な資料のデジタル化02
特種な資料のデジタル化03

音声テープ

講演や会議等の貴重な音声情報が収録されたオープンリールやカセットテープについても、動画フィルム等と同様にデジタルへの媒体変換が急務となっています。デジタル化することで、これまで眠っていた音声資料に光をあてることが可能となります。

特種な資料のデジタル化02

蒟蒻版・湿式コピー・青焼

蒟蒻版、湿式コピー青焼等の資料は長期保存が難しいため、早急な手当てが必要となっています。当社では、このような資料について、豊富な実績と技術でデジタルアーカイブによる代替保存を行っております。経年劣化の進行が著しく、刻一刻と消えゆく資料も、特殊なデジタル撮影と画像処理プログラムにより、消えゆく文字情報を再現したり、より判読しやすくしたりすることが可能です。

特種な資料のデジタル化03
特種な資料のデジタル化04

貴重資料の保存修復処置及び保存包材

デジタルアーカイブのフローは、資料のデジタル化だけではありません。経年劣化により大きなダメージを負ってしまった資料には保存修復処置を行う必要あります。実績のある専門の業者と連携し、資料の保存から運用まで一貫した作業を進めさせていただきます。
当社では、資料の調査→保存修復処置→デジタル化→データベース構築まで一貫したパースペクティブのもとで、お客様のデジタルアーカイブをサポートいたします。

貴重資料の保存修復処置及び保存包材

コンテンツ制作・データベース構築

デジタルアーカイブで作製されたデータから各種コンテンツ制作やデータベース構築をサポートいたします。
大規模な画像をWeb上で自在に操作できる"iPallet/Lime"(イパレットライム)や"ガラスビュー"等のユニークな独自コンテンツによりアーカイブデータの幅広い利活用を実現いたします。また、大規模なWebデータベースから、リーズナブルなデータベースまで多様なニーズに、豊富な実績と技術でお応えいたします。

iPallet™/Lime(イパレットライム)

iPallet™/Limeは、大容量の高精細画像データをWeb上で高速で配信するための画像ビュアーです。
ユーザーはWeb上の画像をストレスなく、スムーズに「拡大・縮小・移動」して閲覧することができますので、デジタルアーカイブで作製した画像のWebでの利活用促進に大変効果的です。配信者も、閲覧者も特別な仕組は一切必要ありません。

iPallet™/Limeの事例紹介

イパレットライム

ガラスビュー™

ガラスビュー™は、デジタル化した画像と翻刻文字を擦りガラスを重ねるように透かし見る、独自開発の大変ユニークなWeb公開用インターフェースです。
資料の公開にあたって、単に画像を公開するだけではなく、原文画像と翻刻テキスト等を同じ位置に並べて表示することにより、利用者にとってより親しみやすいコンテンツとなり、資料の理解をより深めることが可能になります。

事例紹介

ガラスビュー

ほたるビュー

翻字と文字画像を文字単位で対応させた併置型のガラスビューです。連動する「ほたる」ポインタが画像文字と翻字の関係をサポートします。透過型のガラスビューでは表現しにくい行間が詰まった文章などに適しており、また画像を重ねない為、原資料のまま閲覧が可能です。拡大・縮小も連動して表示するため、対応関係が分りやすくなります。

事例紹介

ほたるビュー
関西学院大学図書館
与謝野晶子による丹羽安喜子短歌草稿への添削

データベース構築(server-cliant型)

デジタルアーカイブで作製された画像と関連情報等のメタデータを統合したデータベースの構築をサポートいたします。
インターネットを通じてデータベースを公開することにより、研究や情報の利活用のフィールドが飛躍的に拡大します。
ご希望のお客様には、サーバ運営(ホスティング)サービスやメンテナンスサービス等もあわせてご提供しております。

事例紹介

データベース構築01
データベース構築02

スマート画像データベース

小規模で限られた利用者を対象とする場合等にお奨めいたします。
FileMaker ProのRuntime Editionをベースに構築するため、別途アプリケーションのインストールは不要で簡単な操作性やコストパフォーマンスの良さが特長です。
アクセス権限や利用目的に応じたカスタマイズも可能。蓄積された情報は外部に書き出すこともでき、情報資源として様々な活用をしていただけます。

スマート画像データベース01
スマート画像データベース02

デジタルアーカイブ事例紹介

デジタルアーカイブの事例

学術アーカイブ

デジタル化
デジタル化

学術アーカイブ

ガラスビュー
ガラスビュー
ご質問、ご相談だけという方も、ご遠慮なくどうぞ

ご質問、ご相談だけという方も、ご遠慮なくどうぞ

お気軽にお問い合わせください

フィルム印刷からデジタルデータの入出力、レタッチ(画像処理)・店頭ツール・Webなどのクリエイティブワークetc。 私たち堀内カラーは、業界トップクラスの設備と確かな技術、豊かな知識と経験をもとに、お客様一人ひとりのご要望 に応じて、最適なビジュアルプランをご提案いたします。

このページの先頭へ