ビジュアルに価値ある提案を

大山行男 写真事務所

『 フィルムのテイストを活かしながら
写真の「あるべき姿」を的確に再現 』

大山行男 写真事務所

大山行男 写真事務所
フォトグラファー
大山 行男 様

大切な作品をデータ化することで
劣化の心配がないアーカイブに

富士山撮影の第一人者として知られるフォトグラファー、大山行男さん。山梨県富士河口湖町のご自宅から24時間富士山と向き合い、ほぼ一年365日、富士山や周辺の樹海を撮り続けています。
堀内カラーとのおつき合いは35年前にさかのぼりますが、10年ほど前から、フィルムで撮影した作品をデータ化し、アーカイブ作りにも積極的に取り組まれています。「フィルム時代は撮影に専念し、保存のことはまったく考えなかった。しかし、デジタル時代は急速に進んだこともあり、堀内カラーからアーカイブ化を提案され、写真集に使用していた作品から2000点をデータ化し未だ終わっていない」。

大山行男 写真事務所_01

無我夢中で撮影した作品だからこそ
信頼できる人に任せたい

撮影には6×6を中心に(ハッセルブラッド)大判カメラ(8×10)を使用し、独自の作品世界を追求している大山さん。堀内カラーのスキャニングについて評価をお伺いしたところ、
「ドラムスキャナのグラデーション、フラットベッドの緻密な再現はいいですね。今までにB0のプリントをフィルムからデータを作り数多くプリントを製作しましたが、何の違和感も微塵も感じられず疑うことすらなかった。フィルムからプリントしたものと比べても、まったく違和感がありませんね。瞬間を切り取るデジタルと違い、フィルムには時間の蓄積が写し出されます。それもこれも堀内カラーの仕上がりは、デジタルのプロセスを通しても、アナログなフィルムのテイストをしっかりと受け止め、私の写真の『あるべき姿』をきちんと再現してくれていると感じます」。
「富士の高さ、広がりあるいは大きさ、さらに幽玄なる世界観も引き出す堀内カラーのプリンティングディレクターは、そのあたりもよく理解してくれています。そんなわけで毎回B0の作品を見るのが楽しみですね」。

大山行男 写真事務所_02
大山行男さんの富士山写真一覧

6×6、8×10など大判フィルムのデータ化、
B0サイズのプリントなどのご相談は…

何でもお気軽にご相談ください

このページの先頭へ