ビジュアルに価値ある提案を

JPタワー
学術文化総合ミュージアム
「インターメディアテク」

『 文化財をデジタルでアーカイブ化
その活用度は想像以上に大きい 』

JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」

空間・展示デザイン ©UMUT works

JPタワー学術文化総合ミュージアム
「インターメディアテク」

館長
西野 嘉章 様

どんなにすごいカメラマンでも
標本を影なしでは撮影できない

日本郵便株式会社と東京大学総合研究博物館(UMUT)の協働運営による公共貢献施設、JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」で館長を務められる西野先生。
「堀内カラーさんとの付き合いはもう20年。以前、古い昆虫標本を大型の上面スキャナでデジタル化してもらったことがあるんです。ピンで空中に浮いている昆虫を撮影する場合、どんなにすごいカメラマンが撮影しても、どんなライティングにしても影が出てしまうのに、その影がまったく出ず、微妙な立体感も歪まずに表現できているのには驚きました」と、はじめて弊社の上面スキャナ「クルーズ」で資料をデジタル化されたときの印象を語っていただきました。

JPタワー学術文化総合ミュージアム_01

写真や資料をデジタル化することで
精神的に解放された

大切なお宝は見られてはじめて価値を持つ。こうしたお考えから研究機関に蓄積された学術標本の公共財化を積極的に進められてきた西野先生。博士論文などの資料や膨大な量の写真やスライドも、弊社でデジタルデータ化させていただきました。
「生涯かけて研究してきた資料体をデータ化することで、そのモノが消えたり、退色したりする不安や危惧から一切解放される。これは研究者にとってすごく大きなことなんです。こうした精神的な解放感を考えると、コスト的にもかなり安く、こちらの意図を汲んでいい提案をしてもらったと思います」

JPタワー学術文化総合ミュージアム_02

関連情報

上面スキャナ

上面スキャナ
CS Synchron Table(クルーズ/CRUSE)

はさみ込めない形状の素材や貴重な原稿をフラットテーブルに置くだけで撮れる非接触型の大判スキャナです。

こんな素材に適しています
  • 凹凸があり挟めないもの
  • 絵画や標本
更に詳しく
標本サンプル1
標本サンプル2

昆虫の質感や立体感はそのままに、影を出すことなく撮影・データ化することに成功。

ご質問、ご相談だけという方も、ご遠慮なくどうぞ

ご質問、ご相談だけという方も、ご遠慮なくどうぞ

お気軽にお問い合わせください

フィルム印刷からデジタルデータの入出力、レタッチ(画像処理)・店頭ツール・Webなどのクリエイティブワークetc。私たち堀内カラーは、業界トップクラスの設備と確かな技術、豊かな知識と経験をもとに、お客様一人ひとりのご要望に応じて、最適なビジュアルプランをご提案いたします。

このページの先頭へ