ビジュアルに価値ある提案を

株式会社 文藝春秋

『 データ化で写真の資産価値を高める
質の高い仕上がりと対応力を評価 』

株式会社文藝春秋

株式会社 文藝春秋
写真資料室長 兼 資料室長
谷 孝之 様

外部への貸し出しにも対応できる
ポートレートのアーカイブ化を推進

文学界の一大イベントである芥川賞や直木賞をはじめ、さまざまな文学賞と関係の深い株式会社文藝春秋。
歴代受賞者をはじめとする作家のポートレートを中心に、アーカイブ化を推進しています。 写真資料室長兼資料室長の谷さんは、「保管されている膨大なフィルムをデータ化するのは、手間と時間がかかる作業。
また、社内での利用以外にさまざまな媒体へのお貸し出しもしているため、仕上がりのクオリティが重視されます。質の高いデータを安定して継続的に供給していただけるよう、堀内カラーに一連の作業をお願いしました」と、お取り引きの経緯をお話しくださいました。

株式会社文藝春秋_01

シビアな要求や発注にも
フレキシブルに対応

堀内カラーのスキャニング品質についての評価をお伺いしたところ、「まさに、エクセレントですね。フィルムのゴミや傷などもきれいに修復していただき、雑誌の表紙等にも使用できる十分なクオリティです」と、うれしいお言葉をいただきました。
さらに、営業対応についてもご満足いただいているとのこと。「コンスタントにご足労いただき、顔を合わせて色々とご相談できるので、安心感がありますね。シビアな要求や急な発注にもフレキシブルに対応していただき、作家名や撮影日時の文字入力などの周辺作業と、きめ細かなサポートにも助かっています。」

株式会社文藝春秋_02
堀内カラー営業

画像のクオリティと、きめ細やかな対応。

ご担当の谷様のご依頼は、文学賞を受賞された方々のポートレートを中心としたアーカイブ化でした。さまざまな媒体へお貸し出しもされるとのことでしたので、高解像度のスキャニングで画像を取り込んでから、小さなゴミなども画像処理できれいに。数ある中から必要なデータが探しやすいように、作家名や撮影日時なども入力したところ、画像のクオリティとともに弊社の対応に、大変喜んでいただきました。

膨大なフィルムを納得の仕上がりでデータ化!
品質も譲れないスキャニングのご相談は…

何でもお気軽にご相談ください

このページの先頭へ