ビジュアルに価値ある提案を

資料のデジタル化

貴重な資料をデジタル化、
原本は大切に保管してデータを積極活用

堀内カラーでは、歴史的書物やスライドなどそれぞれの形状・状態に応じて、高性能スキャナで高精細にデジタル化いたします。

貴重文献、過去資料のデジタル化

貴重資料のデジタル化においては、原資料の情報を正確に記録することが重要です。資料を正確にデジタル化することで、信憑性や客観性の高い画像が得られます。
和古書や洋古書の貴重書、長尺の巻子、大型の絵図のデジタル化など、資料の特性に応じた設計と高度なカラーマネージメント技術により、各種ハイエンドデジタルカメラから非接触大型上面スキャナなど、目的に合わせたデジタルソリューションをご提供いたします。

貴重文献や大型資料も堀内カラーにおまかせ!
安全かつ高精細にデータ化いたします

何でもお気軽にご相談ください

データ化する目的やご予算など、
スキャンのことなら何でもご相談ください

特殊な資料のデジタル化

ガラス乾板、蒟蒻版、音声テープ、動画フィルムなどは、取り扱いやデジタル化に高い専門性を必要とします。当社では、専門的な資料の調査を行い、保護修復処置→媒体変換→デジタル化まで豊富な実績と技術で資料の特性に応じたデジタルアーカイブをサポートいたします。貴重な資料が劣化して活用できなくなり、お困りのお客様に、迅速かつ的確な解決策をご提示いたします。

貴重資料の保存修復処置及び保存包材

貴重資料の保存修復処置及び保存包材

デジタルアーカイブのフローは、資料のデジタル化だけではありません。経年劣化により大きなダメージを負ってしまった資料には保存修復処置を行う必要があります。実績のある専門の業者と連携し、資料の保存から運用まで一貫した作業を進めさせていただきます。
当社では、資料の調査→保存修復処置→デジタル化→データベース構築まで一貫したパースペクティブのもとで、お客様のデジタルアーカイブをサポートいたします。

ご質問・ご相談だけでもご遠慮なくお問い合わせください

ご質問・ご相談だけでも ご遠慮なくお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

フィルム印刷からデジタルデータの入出力、レタッチ(画像処理)・店頭ツール・Webなどのクリエイティブワークetc。私たち堀内カラーは、業界トップクラスの設備と確かな技術、豊かな知識と経験をもとに、お客様一人ひとりのご要望に応じて、最適なビジュアルプランをご提案いたします。

このページの先頭へ