ビジュアルに価値ある提案を

岡田紅陽『新収蔵作品展』が開催されます。

「富士こそわがいのち」として富士山撮影に生涯を捧げた岡田紅陽(1895-1972)の新収蔵作品展が岡田紅陽写真美術館にて下記の日程で開催されます。本展覧会では代表作の中で未収蔵の作品が、プリントして公開されます。
弊社は同美術館が収蔵する岡田紅陽が撮影したガラス乾板のデジタル化に協力させていただきました。
本展覧会では弊社がガラス乾板をデジタル化した画像がプリントとして一部展示されます。

開催期間
2020年12月2日(水)~2021年1月17日(日)
会場
岡田紅陽写真美術館 企画展示ホール
休館日
火曜日、年末年始( 12月28日(月)~2021年1月1日(金) )
開館時間
午前10時~午後5時(4時半最終)
観覧料
一般500円、中高生300円、小学生以下無料
主催
忍野村教育委員会(岡田紅陽写真美術館・小池邦夫絵手紙美術館)

写真展について詳しくはこちら

堀内カラーのガラス乾板デジタル化サービスについて詳しくはこちら

ご質問・ご相談だけでもご遠慮なくお問い合わせください

ご質問・ご相談だけでも ご遠慮なくお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

フィルム印刷からデジタルデータの入出力、レタッチやCG加工、店舗ツールのデザイン制作まで、お客様一人ひとりのご要望に応じて、最適なビジュアルプランをご提案いたします。

このページの先頭へ