ビジュアルに価値ある提案を

弊社プリント制作協力「やなぎみわ展 神話機械」が
アーツ前橋にて開催されます

やなぎみわ展 神話機械

弊社がプリント作品制作に携わりました「やなぎみわ展 神話機械」が群馬県アーツ前橋にて2019年4月19日(金)~6月23日(日)まで開催されます。2020年2月までに福島県立美術館、神奈川県民ホールギャラリー、静岡県立美術館を巡回いたしますので、是非お立ち寄りください。

「やなぎみわ展 神話機械」概要
” 1990年代から現在に至るまで、現代美術のみならず演劇界でも忘れられない作品を発表してきた美術家やなぎみわ(1967~)。〈エレベーター・ガール〉で最初に注目を浴び、〈マイ・グランドマザーズ〉や〈フェアリー・テール〉といった一連の写真作品で世界的に評価を受け、2009年には第53回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表となりました。
 その一方で、翌2010年には本格的に演劇プロジェクトを始めます。大正期の日本を舞台に、新興芸術運動の揺籃を描いた「1924」三部作で話題を集め、特に2014年台湾で製造したステージ・トレーラーを母体に2016年から日本各地を巡礼する野外劇は大きな感動を与えました。その舞台作品と並行して制作した、日本神話をモチーフに桃を撮影した新作シリーズを展示します。また本展に向け、京都、高松、前橋、福島の大学等と連携した「モバイル・シアター・プロジェクト」が立ち上がり、マシンによる神話世界も展覧会場に生み出されます。
 美術と舞台の両極を往還することで生まれるやなぎ作品は、スペクタクル性とドキュメンタリー性が交錯し、虚実を幾重にも越境していくものです。待望された10年ぶりとなる本展では、これまで以上にやなぎの汲み尽くせぬ創造の泉に迫ります。”
(引用元:アーツ前橋公式サイト)
アーツ前橋公式サイト
群馬県前橋市の美術館。展覧会やイベント、各種公演事業や教育普及事業などを行う。
詳しくはこちら
やなぎみわオフィシャルサイト
兵庫県神戸市生まれ。写真と演劇を往還して創作する現代美術家。京都造形芸術大学教授。
詳しくはこちら
NIKKEI STYLE
2019年3月4日 日本経済新聞 夕刊にて「やなぎみわ展 神話機械」の特集記事が掲載されました。
詳しくはこちら
ご質問・ご相談だけでもご遠慮なくお問い合わせください

ご質問・ご相談だけでも ご遠慮なくお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

フィルム印刷からデジタルデータの入出力、レタッチ(画像処理)・店頭ツール・Webなどのクリエイティブワークetc。私たち堀内カラーは、業界トップクラスの設備と確かな技術、豊かな知識と経験をもとに、お客様一人ひとりのご要望に応じて、最適なビジュアルプランをご提案いたします。

このページの先頭へ