ビジュアルに価値ある提案を

高松市美術館「やなぎみわ展 神話機械」に
プリント制作協力いたしました

やなぎみわ展 神話機械

弊社がプリント作品制作に携わりました高松市美術館開館30周年記念「やなぎみわ展 神話機械」が香川県高松市美術館にて2019年3月24日(日)まで開催しております。お近くへお越しの際は是非お立ち寄りください。

高松市美術館開館30周年記念「やなぎみわ展 神話機械」概要
”やなぎのこれまでの代表的なシリーズや舞台の仕事を紹介するほか、2016年から日本神話と桃をテーマに福島の果樹園で取り組んできた写真シリーズ《女神と男神が桃の木の下で別れる》を、日本で初めてまとめて紹介いたします。これは『古事記』に登場するイザナギとイザナミの物語に由来するもので、生と死の国の境に植えられていた桃の木をモチーフに、人間の運命について思考の深める新たなシリーズです。また、本展に向け2017年には、やなぎと京都・高松・前橋・福島の大学等5校が連携協力する「モバイル・シアター・プロジェクト」が立ち上がり、美術と機械工学と舞台芸術がクロスオーバーする展示空間には、4機のマシンによる新たな神話世界が生み出されます。”
(引用元:高松市美術館公式サイト)
高松市美術館公式サイト
香川県高松市の市立美術館。来館者が気軽にアートを楽しむことのできる空間を提供。
詳しくはこちら
やなぎみわオフィシャルサイト
兵庫県神戸市生まれ。写真と演劇を往還して創作する現代美術家。京都造形芸術大学教授。
詳しくはこちら
NIKKEI STYLE
2019年3月4日 日本経済新聞 夕刊にて「やなぎみわ展 神話機械」の特集記事が掲載されました。
詳しくはこちら
ご質問・ご相談だけでもご遠慮なくお問い合わせください

ご質問・ご相談だけでも ご遠慮なくお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

フィルム印刷からデジタルデータの入出力、レタッチ(画像処理)・店頭ツール・Webなどのクリエイティブワークetc。私たち堀内カラーは、業界トップクラスの設備と確かな技術、豊かな知識と経験をもとに、お客様一人ひとりのご要望に応じて、最適なビジュアルプランをご提案いたします。

このページの先頭へ