各種フォトサービスはこちら(一般のみなさま)

プリント制作ガイド

プリントは写真の最終表現です

作品が評価されるとき目の前にあるものはプリントです。カメラマンの感性はプリントの良し悪しで評価されると言っても過言ではありません。プリント表現を自分のものにできるネットde ザ・プリントです

制作時の注意点

  • 出力解像度:基本的にはプリントサイズ原寸で200dpi または400dpi(推奨)でお願いします。
    ラムダプリントの出力解像度は200dpi と400dpi の2 種類があありますが、大きいサイズになるほど、ほとんど見分けがつきませんので、半切相当以下を400dpi、小全紙相当以上を200dpi を推奨サイズとしています。
  • カラーモード:RGB(AdobeRGB 推奨)
  • 対応画像ファイル形式:JPEGのみ。
  • トリミング機能があります(無料)。必要に応じてご利用ください。
    画面サイズに対して、画像サイズの縦横比が合わない場合は、余白になりますのであらかじめご了承ください。余白は原則均等とさせていただきますが、ご指定がある場合は、データ上に余白を作成してください。
  • ドキュメントサイズの設定で幅・高さを設定してください。
  • お客様のモニターの色調と仕上りプリントの色調が異なる場合がありますのであらかじめご了承ください。

推奨画像サイズ

◆ペーパーサイズと画面サイズの差分がフチ部分になります。
フチなしの場合、画面サイズが仕上りサイズとなります。

トリミングについて

プリントの画面サイズとカメラの画面サイズの縦横比は一致していません。
そのため余白がでたり画像がカットされてしまいます。注文画面でのトリミングをおすすめします。

一般的なコンパクトデジタルカメラや、
デジタルカメラ付ケータイの比率です。

六ツ切の場合
長辺がトリミングされます。

A-4 の場合
短辺がトリミングされます。

一般的な一眼レフデジタルカメラの
比率です。

六ツ切の場合
長辺がトリミングされます。

A-4 の場合
長辺がトリミングされます。

ハイビジョンデジタルカメラの
比率です。

六ツ切の場合
長辺がトリミングされます。

A-4 の場合
長辺がトリミングされます。

赤のフレームは六ツ切のサイズ。飛び出した写真の部分がカットされます。

赤のフレームはA-4 のサイズ。飛び出した写真の部分がのカットされます。
※赤のフレーム部分がトリミングされます。トリミング機能を使用して位置を変えたり、拡大することもできます。

フチ仕上げについて

フチをとって緊張感を高めたり、フチなしで広がりを強調したり、写真のイメージをより高めるテクニックとして必要です。
黒フチ、白フチ、フチなしから選べます。フチ仕上げを正しく指定し、画面を有効に使ってください。

黒フチ・画面フル

白フチ・画面フル

フチなし・画面フル

黒フチ・余黒

白フチ・余白

フチなし・余白

※左右のフチ幅分以外は余白です。余白はカットせずに納品します。

ネットdeザ・プリントに関するお問い合わせ

▲Page Top